【低速・加速の状態】 - 自分で出来る!カーメンテナンス

<< >>

メルマガ登録はこちら

無料メルマガ インフォマグ

【低速・加速の状態】

 今回のテーマは、【低速・加速の状態】となります。

ちょっと漠然とした項目なので不具合についての修理部位は

多岐にわたるので、例をいくつか含めて紹介したいと思います。


『低速』の状態というのは、”アイドリング”の状態が

安定しているか、ということで良いかと思いますが、

まずエンジンで考えた場合、エンジンが円滑に回転するには

必要な要素が大きく分けて3つあります。

”良い圧縮圧力”、”良い点火火花”、”良い混合気”

この3つが揃ってはじめて、エンジンが回転することが出来ます。

プロには基本中の基本ですが・・・。


例えば、ガソリンエンジンの場合、

スパークプラグの摩耗が著しいと、

燃焼室内で電気火花が正常に飛びにくくなるので、

”失火(ミスファイアとも呼ばれる)”という

現象が起こります。

失火が起こるともちろん燃焼室内で爆発が起こらないので、

エンジンの回転が落ち込みます。

不定期に失火している場合、『トン・・・トントン・・・』などのように、

たまに振動が伝わってきます。

常時、失火している場合”ブルブル”と常に揺られるような振動になってきます。

エンジンの気筒数が少ないほど、また失火している気筒数が多いほど、

体感の度合いも大きくなってくると言えます。


先ほど、プラグの消耗により、と申し上げましたが、

他にはプラグコードの不良イグニションコイルの不具合

なども考えられます。

プラグの摩耗が進むとこれらの高電圧部品にも

大きく負担をかけることにもなりますので

スパークプラグは定期的に交換することをお勧めします。

交換時期については通常のプラグだと約2万km位、

白金プラグだと10万km、最近出回っているイリジウムプラグは、

2万km、10万kmどちらのタイプもあるようです。

プラグをはじめ、色んな消耗部品がありますが、

カテゴリを作って、説明したいと思います。

spk_plg1.jpgspk_plg2.jpg

 次に『加速不良』についてですが、

これも原因としてはいろいろと考えられるのですが、

前述の点火系の不具合でも加速時に息付きを起こしたり

ガクガクして走行上困難になることもあります。

また、エンジンは3要素が揃ってはじめて円滑に回転できることは

前にも述べたとおりですが、

点火系以外では燃料系(空気も含む)、圧縮系がありますね。

ただ、圧縮圧力の低下による加速不良というのは、

あまり聞きません。

エンジンの圧縮自体が低下しているのであれば、

出力も落ちてはいますので正常時に比べると

加速は悪くはなっているはずなのですが、

まずエンジンの掛かりが悪くなってくるので、

こちらがまず気になるところなのかな〜

と思います。

燃料系では、単純なところでは燃料フィルターの詰まり、

フューエルポンプの作動不良による燃圧の不足、

フューエルラインの詰まり(タンクの出口からエンジンまでの配管)、

燃料噴射システムの不具合などが考えられます。

また、『加速不良』というと、

動力源であるエンジンに原因があると思いがちですが、

動力伝達装置であるトランスミッション内のクラッチが滑ってしまっていたり、
             ※A/T内部にもクラッチは内蔵されています。

ブレーキの引きずり(ブレーキの戻りが悪く、ブレーキを解除しても

効いたままの状態)が原因の元であったり・・・ということもあります。

先入観を持って違う方向に進んでしまうと一向に解決しなくなってしまうので

どんな現象が起こっているのか最初の見極めが一番肝心だと日々

痛感していますが・・・。


 今回は少し専門的な言葉も入ってしまい、説明の内容も

少し難しく感じたかもしれませんね。

ただ、『日常点検』レベルで何を見たらよいのか?

ということに対しては、

”アイドリングが安定していて、加速もスムーズ” であれば

良しとしていいでしょう。


 次回は【灯火類の点灯、汚れ、損傷】についての

解説となります。良かったら見てあげてくださいね。

では次回!!

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
最も適切なブログの内容に思え、読んでいて共感すると同時に感動を覚えました。ブログはいろいろ目に付きますが、誠実に真実を語っているものはまれにしかないと思います。従って私は息つぎ現象について、先ず点火プラグ(8万キロ無換)を疑うということで整備してみようと思います。
Posted by Y.I at 2012年02月14日 14:44
Y.Iさん、コメントありがとうございます!
このようなコメントを頂くととてもやりがいを
感じます。更新頻度があまり多くないので、まだまだ貧弱なブログですが、本当の意味で参考になるブログをモットーに今後も続けていこうと思うので今後共ヨロシクです!
p.s
10万km交換のプラグでも使用状況によっては
5〜6万km位より不調が出る場合もあります。
プラグの点検により消耗の度合いだけでなく、
エンジンの燃焼状態まである程度把握できます。
今度画像つきでアップしますね。
Posted by Noa【ブログ管理者】 at 2012年02月14日 15:36

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
ノキシジル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。