》 カーメンテナンス - 自分で出来る!カーメンテナンス

メルマガ登録はこちら

無料メルマガ インフォマグ

フューエルフィルターのメンテナンス

ここ北海道では非常に寒い日が続いています。
今日はまだわりと暖かかったのですが、先日はマイナス20度超えまで
いきました。

2〜3週間くらいエンジン始動不良の車のオンパレードです・・・。

バッテリーの不良による始動不良はそこそこ落ち着きましたが、
バッテリーを交換してもかからないという車がここ数日続いております。

特にディーゼル車が多いようです。

最近ではディーゼル車もかなり少なくなりましたが、
商用車などではやはり人気がありますので、年式が古くても
直して乗る方も結構いらっしゃいます。

トラブルの中でもフューエルフィルター内部に溜まった水分が
氷結することにより燃料ラインが絶たれるため、または、燃料内
のロウ成分が詰まることにより始動不良に陥ることがあります。

その昔は整備士ではない方でも冬にエンジンが掛からないときには
燃料パイプにお湯をかけてエンジンを掛けたり、エンジンの下側に
電熱ヒーターなどをしばらく置いておいて温めてからエンジンを掛け
たり・・・ということが日常だったようですが、今時そんなことする人は
ほとんどいません。(稀にいます・・・笑)
有効な方法ではあるんですけどね・・・。
なにせ手間がかかりますし、根本的な解決にはなりません。

フューエルフィルター(またはフューエルストレーナと言ったりもします)
の交換時期は5〜6万q位が目安となりますが、粗悪燃料などの影響で
時期は左右されるでしょう。

ガソリンエンジンにももちろんフューエルフィルターはついてはいますが、
冬のエンジン始動不良においてトラブルの原因となることは少ないです。

ディーゼル車に乗っている方でエンジンの掛かりがいまいち良くない、
クランキングが異様に長いという方は一度チェックしたほうがよいかと
思いますよ。

また、これもディーゼル特有ですがグロープラグが切れることにより、
同じような症状が発生します。
これについてはまた次回説明したいと思います。


 【PR】
  スタンドや整備工場でバッテリーの交換を勧められませんでしたか?

  エンジン始動不良のトラブルは突然やって来ます。

  例えば・・・
     ・朝一出勤前
     ・ようやく仕事が終わり家に帰る時
     ・買い物が終わり家に帰ろうと思ったら・・・

  など、思いがけない時に思いがけないことが起こるものです。

  もしバッテリー交換を考えてはいるが予算がチョット・・・

  という方には特にお勧めです。

  【再生バッテリー】

  をご存知でしょうか?
  
  
  
  
  読んで字のごとく交換後のバッテリーを【再生】したものですが、

  回収したバッテリーから重度な汚れ、破損のないものを選別し、

  そこから更に性能の低下の度合いの低いものを抽出し再生させることにより

  新品と同等の性能まで回復させたものなのです。

  もちろんターミナルや外観もキレイにクリーニング済みです。

  そんなバッテリーが新品定価の約4/1程度の破格で手に入れる

  ことができるとしたら貴方は新品とどちらを選びますか?

  ⇛ 
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U36RQ+3B2SUQ+1SVK+601S3


   通常、カー用品店や自動車ディーラーで売られているバッテリーですとサイズにもよりますが

   だいたい1万円〜3万円くらいが相場です。

   その予算を他に回せるとしたら・・・

   結構大きいですよね。

   また、再生バッテリ−なのに・・・

   ” 商品お買い上げ後1年間の保証 ” までついているので安心です。

  ちなみにバッテリーの寿命は新品でも2〜3年程度と言われています。

  3年超えても普通にエンジンがかかっていることも多いのですが確実に

  劣化はしてきているのでオルタネーター(発電機)に負担もかかっている

  ことにはなかなか気づくことはできません。

  また最近のエンジン電子制御システムにはバッテリー電圧が低いと

  バッテリーへの充電を促進するためアイドリングの回転を上げていたりも

  しますので、燃費にも悪影響を及ぼします。

  このようなことからも2〜3年程度で定期的にバッテリーを交換することは

 
  車の長持ちする秘訣ともなりますし、” エコ ” にもなるんですよ。

    
   
  ⇛ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U36RQ+3B2SUQ+1SVK+601S3

  さらに・・・

  1年保証終了後、再度お買い上げ頂けるお客様には、

  おサイフにも ” エコ ” な ” eco割 ” がついて

  タダでさえ安いのにさらに割引で提供させて頂きます。

  
  バッテリーの需要が多い季節ですので品切れ前にチェックして

  おくことをお勧めします。

  ⇛ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U36RQ+3B2SUQ+1SVK+601S3



  

そろそろバッテリーの点検を…。

そろそろバッテリーの点検を…。

10月に入り、ここ北海道では急激に朝晩など冷え込みが厳しくなってきました。

寒さの苦手な私のチョッと憂鬱になる季節です。

今日は最高で13℃、最低気温3℃だったようです。

早朝には霜柱もあったようです。

 ※霜柱=地面の土中の水分が凍って地表面に無数に柱上になっている状態。
     上を歩くと”ザクザク”とお菓子の上を歩いているような感じで
     子供の頃はとても楽しいものでした…(回想中)


さて本題ですが、寒くなってくるとやはりバッテリーについての相談や始動不良などの

トラブルも多くなってきます。

しばらく交換されていない方や点検していない方はやはり気になってくるようです。


実際のところ、バッテリーのトラブルというのは夏場でも意外に多くエアコンも必需品ですので

電気的な負荷はむしろ夏場の方が大きいのかもしれません。

ただ、やはり気温が低下してくるとバッテリーの能力も低下してきますし、

エンジンオイルの粘土も固くなってきますので(最近のオイルはさほど気にするレベルでも

ありませんが…。)昨日までは普通にエンジンが掛かっていたのにこんな急ぎのときに限って!!

などと突然トラブルに出くわすケースも少なくありません。

5年以上使っているバッテリーだったら交換を視野に入れておいたほうが良いと思いますよ。


バッテリーの点検方法についてはコチラ

 ⇒ 日常点検【バッテリー】その1

 ⇒ 日常点検【バッテリー】その2


を参考にしてみてくださいね。。


また、クルマの買い替えも検討しているけどもうちょっと乗りたいんだよね〜という方など

あまり費用をかけたくない方などには再生バッテリーなどが新品に比べるとかなりリーズナブル

に買うことが出来ますのでオススメですよ。。

 興味のある方はコチラ⇒ 激安なのに、安心の1年保証付!B-POWER


タイヤのメンテナンスについて

しばらくお休みしていましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

積雪地域の方もタイヤ交換はほぼ終わっていることと思いますが、

まだスタッドレスタイヤを履いているかたもちらほら見かけられます。


さて、タイヤについての知識やメンテナンスについて、

皆さんはどのくらいご存知でしょうか?


タイヤについては日常点検の項目には該当していないのは

とても不思議なことなのですが、走行する上で一番大事な部分

と言っても過言ではありません。

毎日とは言わなくても、以下の項目はマメにチェックしましょう。

 ○ホイールの締め付け状態

 ○空気圧

 ○変形の有無

 ○溝の深さ

 ○摩耗の状態


”タイヤ”というのはとても慣れ親しんだ部品ですが、

とても奥が深いです。

異常な摩耗状態のタイヤを使っていれば、

車体の振動の原因
にもなりますし、

空気圧が少なければ燃費の悪化にも

多大な影響を及ぼします。


燃費グッズはたくさん付いているけどタイヤはペシャンコ…

なんてことは無いようにして下さいね。。


具体的なメンテナンスについては、改めて記事にするか、

レポート形式でお渡しできるようにというのも考え中ですが、

改めて紹介しますね。。

ではまた次回…。

【ヘッドランプバルブの交換方法】

 一般的なヘッドランプバルブの交換方法について解説します。

headlamp1.jpg

1.まず、ボンネットを開けて
  
  ヘッドランプ裏を覗いてみて

  ください。

  ヘッドランプ裏側にコネクターの

  刺さっている部分が
  
  見えると思います。 


headlamp2.jpg

2.次にヘッドランプコネクターの

  ロックのツメを押しながら、

  コネクターを引き抜きます。

headlamp3.jpg

3.水や埃が浸入しないよう

  ゴムのカバーが付いているので

  これを外します。


headlamp4.jpg



4.バルブを固定しているクリップを

  バルブケースより引き起こします。

headlamp5.jpg







5.バルブを取り外します。


headlamp6.jpg







6.バルブにはH1、H3、H4、H4u…など、

  形状により種類がありますので、付いているものに
  
  合ったものを使用してください。

headlamp7.jpg








7.取り付けは逆の手順で行います。

  最後に点灯の確認をして終了となります。










《DANGER!!》

 HIDバルブの交換については通常のハロゲンとは違い、

 10000V以上のかなり高電圧となって

 いますので、感電の危険性があります。

 交換方法自体はあまり違いはないのですが、

 バルブコネクターの形状など若干違いがあります。

 自信がなければ、素直にプロにお願いしたほうが良いかと

 思いますが、自分で作業される方は、ライトスイッチを

 確実にOFFにすること、場合によってはバッテリーの

 端子を外しておいたほうが良いかと思いますので、

 注意して作業してくださいね。


ATF(オートマチックオイル)の点検要領

今日はATF(オートマチックオイル)点検要領を

紹介したいと思います。


ATFの場合はエンジンオイルと違い、

基本的に暖気後にエンジンをかけたままレベルゲージで

点検します。

(ホンダ車はエンジンを停止したあとで量を確認するようです。)


ATFの温度はだいたい40℃位で点検するのが基準的な

事なのですが、温度なんて分かりませんので

だいたい15分〜20分走行後に点検してください。

 ※ATまたはCVTの内部には油温センサーが入っていますので、
  整備工場で診断器を持っている場合は油温の確認が出来ると思います。
  AT油量の確認のためにいちいち診断器で油温を確認することも少ない
  とは思いますが、念のため・・・

油温がある程度上がったら、Pレンジで停車します。

エンジンは切らないでください。

次にシフトレバーをPレンジから最下段のレンジまで、

そして再びPレンジに戻す(全レンジをゆっくり一巡させる

操作をします。

それからレベルゲージで量を確認しましょう。

at.oil.level1.jpg


レベルゲージはATの場合はHOTのレベルとCOLDのレベルがありますが、

この時点でHOTレベル内に収まっていることを確認してください。

ATF Level(1) 002.jpg


ATF Level(1) 001.jpg

”H”と”C”を比べると、

”H”のラインのほうが上にありますね。

これは、水でもオイルでも一緒ですが、

温まると熱膨張によって体積が増加するためです。


また、出来れば汚れの確認も出来ればベストですね。

ATFは赤い色のものが多いですが、

最近は違った色のものもあります。

気にして頂きたいのは、黒い粉状の物質が混ざっていないか、

金属粉などが付着していないか、

このあたりを気にしてみたら良いかと思います。


ATFの点検は以上の作業で終了となります。


交換時期についてはその昔は無交換でしたが、

少し前の車は7〜8万km、

最近の車では4〜5万km位が目安となります。


内部のクラッチが滑り出すと燃費の悪化だけならまだしも、

完全に滑ってしまうと走行不能に陥りますし、

異物で油圧ラインが詰まってしまうと正常に機能しなくなりますので

定期的に交換しましょう。

リモコンドアロック(初級)

まず第1回目となりますが、

日常、使用頻度の高いもの、

また、トラブルの多いものとして、

リモコンドアロックの電池の交換方法について、

手順を説明します。

例はZ10型日産キューブですが、

他車種でも似たようなものです。

doa lock1.bmp

かわいいリモコンで割と気に入ってます(笑)


doa lock5.bmp

小さなマイナスドライバーなどでこじって半分に開いてください。

※小さなビスでとまっているモノもありますが、
 精密ドライバーで外せば後は同じです。


doa lock6.bmp

電池を取り外す際、プラスとマイナスの向きを
覚えておいて下さい。

このリモコンの場合”CR1620”という型番の
電池を使っているようです。(3V)

サーキットテスターをお持ちでしたら、電圧を測ってみましょう。

新品では通常3.2V位あります。

消耗してきて2.7V位に落ちてきたら効きも悪くなってきます。


doa lock4.bmp

新品の電池に交換して、復元したら終了です。

doa lock2.bmp

簡単すぎましたかネ(笑)

ちなみに、エンジンスターターも似たようなものなので

やったことが無い方は、是非トライしてみてください!


通常、整備工場などで交換してもらうと

¥500前後くらいはとられるのではないでしょうか?

今回かかった費用は¥100均で電池一個購入しただけですので

¥400浮きました。。

いつもは発泡酒でもビール飲めちゃいますネ!


今後、もっと本格的なものも掲載していく予定ですので

お楽しみに!!では次回!!

ノキシジル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。