》 ”マメ”知識 - 自分で出来る!カーメンテナンス

メルマガ登録はこちら

無料メルマガ インフォマグ

ヒーター系のトラブル

 きのうは朝から大粒の雪が降っていて次第に風も強くなり、
大荒れの天気でした。
気温もかなり低かったため、外で仕事されている方はとても大変な
一日だったと思います。お疲れ様です。。


 寒くなってきた時の車のトラブルはバッテリー系をはじめ、
エンジンの始動不良というのが一番かと思いますが、
次いでヒーターの暖房不良というのも多いトラブルの一つです。

不具合の状況は色んなケースがありますが、
 1.ヒーターの風が出ない、または弱い。
 2.ヒーターの風が冷たい、またはぬるい。
 3.ヒーターを入れると異音がする。

などといったところでしょうか。

 今日は上記のケースについて、どんな原因が考えられるのか
説明したいと思います。

 【1.ヒーターの風が出ない・弱い】
 ヒーターの風はブロアファンが回転することにより発生するわけですが、
ファンが作動しているか(作動音がするか・しないか)否かによって分かれてきます。
スイッチを入れても全く作動しないのであればファンの駆動系となってきますので、
ヒューズ、レジスター、ブロアファン、コントロールスイッチ、オートエアコンであれば
アンプ、あとは配線の不具合といったところです。
まずはヒューズが切れていないか点検してみましょう。(15A 2ヶが多い)
切れているのであれば交換してみます。直ればよいのですがまた切れてしまう場合には
他に原因があると思われます。
配線のショート(短絡)またはファンモーター不良の可能性が高いかと思われます。

 不具合現象が最大風量だけは回るがそれより下の風量では全く風が出ないというケース
ではレジスターの断線の可能性が非常に高いです。
最大風量ではバッテリーからの電流がそのままファンモーターを駆動しますが、
最大風量未満ではレジスター(抵抗器)を入れることによりファンモーターに流れる電流を
少なくしてモーターの回転数を小さく制御しています。
レジスターはかなり熱を持ちますので、劣化の度合いが激しく、メーカー・車種問わず
トラブルの多い部品です。

 次に風が弱いという現象ですがモーター本体の劣化の可能性もあるのですが、
特に最近の車にはエアコンフィルターが付いているのでこのフィルターの目詰まり
によって風量不足に陥るケースが多いようです。
何年も交換していないようでしたらまずはココを疑ったほうが良いでしょう。

 【2.ヒーターの風が冷たい、またはぬるい。】
 点検の系統は2系統に分かれてきます。
エンジンの冷却系統の不具合の場合と、ヒーターの温度制御系統です。

 エンジン系統の場合、まずは冷却水がきちんと入っているか確認してみましょう。
エンジンの冷却熱をヒーターの暖房に利用するため冷却水が不足している場合、
また、冷却水の流れるラインにエアが入り込んでいる場合は、
ヒーターコアまで循環されず温風が出なくなることがあります。
この場合、エンジンが冷めてから出ないとラジエーターキャップは絶対に空けないでくださいね。
冷却水が吹き出して大やけどを負ってしまう事もありますので。十分に注意してください。
ラジエーターのサブタンク内はすぐ見えますので容易に確認可能かと思います。
もし不足している、または入っていないのであれば、冷却水の漏れが考えられますので
プロにお任せしましょう。外側に漏れが無い場合は、エンジン本体のシリンダーガスケット抜け
の可能性が高いですが、この場合、シリンダー内で燃えた(蒸発した)冷却水が排気となって
出てくるのでマフラーからの白煙が多くなります。微量の漏れだと解りにくいですが…。
修理はちょっと高くつきそうです。

冷却水が入っている場合、サーモスタット不良の可能性が高いです。
サーモスタットとは、冷却水温が低い場合はラジエーターに冷却水を流してしまうと、
エンジンがなかなか暖気されないためラジエーターとエンジンの間に“弁”を設けて
設定温度に達してからラジエーターに循環させるためのものです。76℃や82℃の
ものが一般的ですが、この設定温度以下でも弁の密着が悪くわずかに開いてしまって
いる(中には全開だったケースも…)事があります。


sa_mo_2.jpg   sa_mo_3.jpg


 こういった条件下だと常時ラジエーターによって冷却水が冷やされていますので、水温が上がら
ず暖房不良ということが多々あります。
判断方法はラジエーターとエンジンの間にホースが2本(アッパー・ロア)あって、一方のホースは
開弁温度以下でも熱くなってきますが、もう一方は開弁温度以下では冷たいはずです。
ところがサーモスタットが開いてしまっていると暖かくなってきます。
また、アイドリング状態では水温が水温計の真ん中くらいまで上がっていても、
走行すると針が下がってくるのもこの事象の特徴です。

sa_mo_1.jpg


もっとも、最近の水温ランプのみの車ではわかりませんが…。
診断機やサーキットテスターで水温を読むしかありません。
あとは、完全冷機状態からエンジンを掛け、アッパー及びロアホースの温度差を
触感確認するのみです。

エンジン系は以上です。

 ヒーターコントロール(温度制御)系について。
エンジンにより温められた冷却水は室内のヒーターユニット(ヒーターコア)
へ送られてきますが、車種によりですがヒーターコックを設けてエアコン(ヒーター)
の温度設定が低い時にはコックを閉じて流れてこないようにしているものもあります。
この場合、コックの不良またはコックの開閉の制御異常となります。
正常にヒーターユニットまで温水が流れているのでしたら、
エアミックス系が疑われます。
“エアミックス”とはヒーターコアを通過した暖かい空気と常温の空気(エアコンOn
では冷風)との混ざり具合を調整しエアコン(ヒーター)の設定温度に見合った温度の
風にする機構です。
温度設定が手動のレバー式でしたらワイヤーで調整、オートエアコンでしたらモーターを
使ってヒーターユニット内のドアの開度を調整しています。

空調系のトラブルはなかなか色んなセンサーも使っていたりするため、難しい部分があります。
ただ、これまでの内容の中でエアコンフィルターの交換やヒーターモーター、レジスターの
交換でしたら、車種にもよりますがサンデーメカさんにも作業できそうです。

ただ判断が違う方向へ言って行ってしまうと余計な出費にもつながりますので、
診断は任せたほうが良いかも知れません。
あとは行きつけの工場と仲良くなっていれば色んな情報を仕入れることも可能な場合もありますヨ。

 【3.ヒーターを入れると異音がする】
ヒーター(またはエアコン)を回すと風量は問題ないけれども異音が発生する、
といったトラブルがあります。
ファンモーターの回転部分に何らかの異常があるためです。
音の種類は“ガラガラ”“ガタガタ”“チリチリ”“ボー”など様々で
人によって聞こえ方も変わってきます。

いずれにしてもファンモーターを一度取り外して点検をする必要があります。
点検方法としては、
○ファンに葉っぱなど異物が入っていないか。
○ファンの回転部分または取り付け部に干渉した跡がないか。
○ファンモーターのシャフト(軸)の部分にガタが無いか。

原因としては、
○異物の混入による異音
 外気の導入口より稀に葉っぱなどが入り込んでしまうことがあります。

○干渉跡がある場合
 取り付け自体の不良やケース側の組み付け方が良く無い場合も・・・。
 以前に修理歴があるなら要チェック。またはモーターシャフトのガタ。

○シャフトにガタがある場合
 モーターの交換が必要。
 

以上、今日はかなりボリュームが大きくなってしまいましたが、
参考にして頂けたら幸いです。

次回は、このヒーターの不具合でちょっと忘れられない事例のお話しをしたいと思います。
お楽しみに。。

タイヤの“ツライチ”はOK?

タイヤ交換に際して、
たまに交換したタイヤが車体よりはみ出してしまうため、
交換作業をお断りするケースがあります。

自動車には安全に運行できるように“保安基準”という、
構造上の細かな取り決めが数多くあります。
簡単に言うと、
“車検に通るか、通らないか”ということです。

その中で今回はタイヤについてお話したいと思います。

車を走らせる上において、
回転部分は車体よりはみ出してはいけないことになっています。
タイヤはもちろんですが、ホイール、ナット、センターキャップ
該当します。
ただ、全体が内側に入っていないといけないかというと
そうではありません。
ホイールの中心より垂直にあがった線を境に、
車両前方に30°、後方に50°、そしてタイヤの最外縁から
垂直に上がったフェンダーよりはみ出してはいけません。
図を次に示します。

fender_haridasi(2).bmp


点検方法はいたって簡単ですが、
糸の先端におもりをつけて垂らして糸が触れるかどうかで確認します。

時々、“ツライチ”といってはみ出ていないから車検もOKだと勘違い
されている方もいらっしゃいますが、糸が触れていないのであれば“OK”
ですがはみ出てはいないが糸は触れる、いわゆる“ゼロタッチ”は“NG”
となります。

タイヤやホイールを買い換える際には幅やオフセットに気をつけて購入しましょう。
また、購入時には問題なくても、あまりギリギリのラインだとアライメント
の多少の狂いでもNGとなるケースもあるので少し余裕を持たせたほうが
良いでしょう。



タイヤの“製造年”について

今日はタイヤの保管方法と製造年について…。

タイヤの交換時期というのは、走行距離やメンテナンスの度合いに応じて
かなり違ってくるものです。
溝の深さはもちろんですが、年数に応じてゴムも硬くなってきます。
日の当たるところ、雨の当たるところで野ざらしにしているのと、屋内で
保管しているのとではかなり違いが出てきます。
車庫や物置をお持ちの方は良いですが無い方は出来るだけカバーを掛ける
なりして、直射日光や風雨にさらされないように保管しましょう。
また、保管中はタイヤの緊張を和らげるために空気圧を半分程度に落とし
ておくとタイヤを長く使うのにより効果的です。

タイヤの劣化の度合いは溝の深さや亀裂などは見た目で判断しやすいのですが、
ゴムの硬さはタイヤ用の硬度測定ツールを使わないとプロでもなかなか判断し
難いところです。
そこで、溝深さや亀裂などが問題なくてもタイヤのサイドウォールに製造された
年が刻印されているのでそこを目安にしましょう。
5年以上経過しているならそろそろ状況を見て交換のタイミングを考えましょう。

 こちらのタイヤを例にしますと、

taiya_seizounen


 『 DCM4305 』 と記されています。

下4桁以前は各メーカーによって違いますが、
下4桁の数字は各メーカー共通で“製造年”及び“その年の何週目に製造されたか”
が記載されています。
※2000年以降。1999年以前は下3桁となります。

上記の場合、『4305』ですので、
43週目の “43” 2005年の “05” ということで、
2005年の43週目、つまり10月半ば過ぎということになります。
なので、今日現在から遡ると9年以上前のタイヤということになります。

 中古で入手した車はタイヤも古いケースも多いかと思います。
極端な亀裂や溝深さも1.6mm(乗用)以上あれば車検は通ってしまうので、
判断基準の参考にしてみてください。


ワイパーが動かない

 3月も終わり年度初めのこの4月、
そろそろタイヤ交換も始まるかな〜と思っていましたが
昨日今日と連日の大荒れな天気でここ北海道では、一気に
冬景色に戻ってしまったと思いきや夜になってからは雨に変わり
だいぶ雪解けがすすんだかと思いきやまた猛吹雪・・・・。
一体何が起こっているんでしょうか・・・。



tenki15.pngtenki17.png











ちょっと雪が多く降った時には、必ず特有のトラブルがあります。
雪の少ない地域にお住まいの方にはなじみの無いトラブルですが、
“ワイパーが動かなくなった”と来店されるお客さんが必ず数人は
いらっしゃいます。

フロントガラスに積もった雪を払わないままワイパーを動かしてしまい、
過大電流によるヒューズ切れ、ワイパーリンク(ワイパーモーターと
ワイパーアームを連結しているリンク)が外れてしまい、
部品の取り寄せが必要なケースが後を絶ちません。
ちょっとした手抜きが大きな出費や不便な事態になってしまいますので
皆さん気をつけてくださいね。


最近のクルマは水温計がない!?

高年式車(新しい車)に乗られている方は感じられている方も

多いのではないかと思うのですが、

最近の新型車は冷却水の水温メーターが付いていない車種が

とても多いです。(スポーツカー系にはメーター式が多いようです

が…)


ではどうなっているのかと言うと、

メーター内などに温度計の形をしたランプが付いていて

エンジン始動直後など冷却水温が低いときには””や””に

点灯し暖気が完了すると消灯、万が一オーバーヒートになった場合

には””く点灯させるのが一般的かと思います。


これが結構不評なようで、不満の声を耳にすることがあります。


メーター形式でしたらオーバーヒートする前にメーターの針の

上がり方で判断できたのですが、突然赤いランプが点灯して

オーバーヒートを知らされても”困る”と…。。


女性の方などはあまり気にされない方も多いようですが、

運転歴の長い方や、以前にオーバーヒートのトラブルを経験

されたことのある方などにとっては、上記のような不安が

あるようです。

では、何故こうなってしまったのか?

これには明確に理由があるようです。


近年のクルマの燃費性能の向上に密接に関係してくるのですが、

最近のクルマって燃費が良いですよね?

従来のガソリンエンジンだと理論上一番良い燃焼状態の

空気と燃料の割合が14.7:1 (理論空燃比)

とされてきました。

それが近年の燃費向上に伴い、20〜40:1位の空燃比に

変わってきました。(空燃比がうすくなったという言い方をします

より少ない燃料でエンジンを回転させているわけですが、

空燃比がうすくなってくると、エンジン内部での燃焼温度が

上がってきます。


…ということはエンジンの発熱量も大きい=冷却水温も上昇する、

ということになります。


従来ですと、完全に暖気された状態で水温は80℃前後くらい

に保たれていましたが、最近のクルマは90〜100℃位まで

上がります。


このような状態では従来の水温計ではちょうど中間(1/2)が

正常であったのがかなり上(2/3前後位)まで上がってしまうので

運転者にオーバーヒート感を与えてしまう
、というのが一説の

ようです。

個人的には、回路内に抵抗を入れれば問題ないのでは?

とも思うのですが、それほど簡単にはいかないのか、

はたまたランプ式の方がコストが安いので、その言い訳文句なのか、

実際、高級車にはメーター式の採用されている車種は多いです

真相は闇の中ですが…。


エンジンスターターがきかないっ!!

車両搭載のバッテリーを交換又は充電をしたあと、

エンジンスターターが効かなくなった、

というトラブルがこの時期とても多くなってきます。


使えているものが使えなくなるのは、

とても不便ですよね?


ほぼすべてのエンジンスターターに該当すると思うのですが、

バッテリーの交換や充電など、バッテリーの端子をはずした場合

再度、初期設定を入れなければならないケースが殆どです。


スターターが使えなくなって困っている方!!

まずは次のことをやってみてください。

純正、社外問わず、これで解決するケースが割と多いですよ!


 1.キースイッチを”ON”又はエンジン始動

 2.PレンジからRレンジにシフト

 3.再度Pレンジに戻す。


 ※操作は少しゆっくり目のほうが良いかと思います。

  これでダメな方は各取扱説明書を参照してみてください。

  お持ちで無い方、こちらのメーカーではダウンロード

  出来ますので、よろしければご利用ください。


   ●YUPITERUサポートページ

    ⇒ http://www.yupiteru.co.jp/afterservice/index.html


   ●CAR MATEサポートページ

    ⇒ http://www.carmate.co.jp/add/stater/deal.html


   ●CELLSTAR

    ⇒ http://www.cellstar.co.jp/products/manual.html

   ●MITUBA/SANVIP

    ⇒ http://www.mskw.co.jp/car/instruction


  お試しあれ!!
ノキシジル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。