自分で出来る!カーメンテナンス

<< >>

メルマガ登録はこちら

無料メルマガ インフォマグ

タイヤの“ツライチ”はOK?

タイヤ交換に際して、
たまに交換したタイヤが車体よりはみ出してしまうため、
交換作業をお断りするケースがあります。

自動車には安全に運行できるように“保安基準”という、
構造上の細かな取り決めが数多くあります。
簡単に言うと、
“車検に通るか、通らないか”ということです。

その中で今回はタイヤについてお話したいと思います。

車を走らせる上において、
回転部分は車体よりはみ出してはいけないことになっています。
タイヤはもちろんですが、ホイール、ナット、センターキャップ
該当します。
ただ、全体が内側に入っていないといけないかというと
そうではありません。
ホイールの中心より垂直にあがった線を境に、
車両前方に30°、後方に50°、そしてタイヤの最外縁から
垂直に上がったフェンダーよりはみ出してはいけません。
図を次に示します。

fender_haridasi(2).bmp


点検方法はいたって簡単ですが、
糸の先端におもりをつけて垂らして糸が触れるかどうかで確認します。

時々、“ツライチ”といってはみ出ていないから車検もOKだと勘違い
されている方もいらっしゃいますが、糸が触れていないのであれば“OK”
ですがはみ出てはいないが糸は触れる、いわゆる“ゼロタッチ”は“NG”
となります。

タイヤやホイールを買い換える際には幅やオフセットに気をつけて購入しましょう。
また、購入時には問題なくても、あまりギリギリのラインだとアライメント
の多少の狂いでもNGとなるケースもあるので少し余裕を持たせたほうが
良いでしょう。



ノキシジル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。